ごあいさつ

こんな時こそ前向きに

(公財)香川県教育弘済会 理事長 真鍋 佳樹

 令和4年度の理事長に就任いたしました香川県小学校長会会長の真鍋でございます。甚だ微力ではございますが、与えられた責任を全うすべく尽力してまいりますので、ご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 さて、令和2年の春、突然の臨時休業から学校生活は一変してしまいました。しかし、その時に、まさか令和4年度になってもコロナ禍が続いているとは、誰も想像すらしなかったのではないでしょうか。今年度になっても授業参観が中止になる、運動会は人数制限して時間短縮で行うしかないなど、コロナ禍で、できなくなったことを数えたらきりがありません。「前向きになれ」と言われてもだんだんと視線が下がってしまいます。
 こう考えたらどうでしょう。できたことだけを数えてみたらどうでしょう。授業参観の代わりに授業の様子をダブレットで録画して持ち帰り、家族みんなで観ることができた。運動会では、観客が入れ換えのため少なかったので演技を間近で観ることができたと。そうすれば、だんだんと「前向き」になれるのではないでしょうか。

 公益財団法人である香川県教育弘済会では、今年も奨学事業や研究助成事業、教育文化事業を中心として、香川にふさわしい教育振興事業を展開してまいります。こんな時こそ、本県教育のさらなる充実・発展と子どもたちの健やかな成長に寄与することができればと考えております。今後とも変わらぬご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ